ゆうちょの旅とごはん

ゆうちょの旅とごはんの記録。
都内在住30代専門職。海外旅行から国内旅行まで。
中央線グルメ。喫茶店巡り。カレー好き。最近はスイーツも。よくばり。

インド

2017年インド旅行【おみやげ編】インド土産を紹介します

今回のインド旅行で購入したお土産を紹介します!
リアルタイムでは福岡から帰ってきたところ。記事の更新がなかなか追いつきません(T-T) 

価格は2017.9月のレートで計算しています。それではどうぞ。


◯デリー カーンマーケット
デリーのカーンマーケットで購入したものから。


ANOKHIというブロックプリントが有名な老舗のお店で購入したものです。

左 ハンカチ 110ルピー(191円 )
右 ヘアバンド 150ルピー(260円)




左2点もANOKHI
スカート1750ルピー(3038円)
クルタ1250ルピー(2170円 )

右1点はfabindia 
こちらもインドでは有名なブランド。お洋服やコスメも取り扱っていました。
ANOKHIより少し高めだったかな。
ストールのみ購入。お値段は忘れましたが2000ルピーはしなかったと思います。




右はANOKHIのポーチ300ルピー(520円)
左はKAMA のセサミオイル。

KAMA とは、インドのアーユルヴェーダコスメです。オーガニック系のブランドでとても人気が高いお店です。
確か1200ルピーくらいだったと思うのですが、空港で35ドル(3900円)くらいで売られていた気がして混乱しています(T-T)


◯チェンナイのANOKHI

ANOKHI好き過ぎてチェンナイでも行っちゃいました。宿泊していたレインツリーセントメアリーズから徒歩10分程度。品揃えも良かった(o^^o)

ノート100ルピー(173円)
ショートパンツ450ルピー(781円)
これXSとSは450だけどMは400ルピーでした。インドではサイズが小さい方がお値段高いらしい。
ちなみに私は日本ではM〜Lですが、店員さん曰くXS〜Sにした方がいいとのこと。
キーホルダー200ルピー(347円)
巾着450ルピー(781円)



ANOKHIのショップバッグ。
持ち手のところが質の良い糸で出来ていて、しかも美しいグラデーション。
思わず丁寧に持って帰ってきた。



◯レーの町で買ったものを紹介。
  
レーの町にあるメインバザールでよく見かけた民族衣裳のようなもの。
様々なカラーがあり、ロングからショート、ジャケットタイプからマントまでバリエーションあります。
私は何店舗も回って気に入ったデザイン且つ安価なお店を探しました。
刺繍の下書き線が消えていないのはご愛嬌。
2000ルピー(3
472円)
 


ヒマラヤのカジャール。
ヒマラヤはインドのスーパーなどで見かけるオーガニックブランド。
庶民に広く流通しているブランドです。

カジャールとは、インドの女性が目の周りを囲んでいるアイラインに使うメイク道具。
使ってみたかったので購入。
45ルピー(78円)
 

◯デリー  インディラガンディー空港で購入したもの

空港は価格設定がだーーーーーいぶ高いです。その代わり、一定のクオリティのものが買えます。私はルピー消費&気に入ったものだけ買いました。

紅茶695ルピー(1206円)
箱狙いで購入。タージマハル行かなかったのでせめてものお土産です。箱が美しかった。値段はべらぼうに高いな。
 
ニームコーム220ルピー(382円)
銀ふくろう175ルピー(303円)
青ふくろう250ルピー(434円)
ルピー消費で購入。コームは欲しくて旅行中ずっと探していたので見つけられてよかった。ニーム(neem)は古代から愛用されている万能薬。抗菌性に優れ殺菌作用があります。日本で購入すると1000円は超えるのでよかった。
 

こちらも空港。
10ドル札が財布に入っていてちょうど10ドルだったので購入。刺繍も丁寧で細かく美しいポーチです。わたしはこうゆうのにめっぽう弱い(O_O)
 
ルピー払いの場合は、600ルピー(1041円)でした。ちょっと損しているのか。 


○チェンナイで買ったもの


路上で販売していたピアス 。
よく見るとストーンがずれているものもある。けど、デザイン可愛いし、コスパ良し。
5ルピー(8円 )


○デリーアクシェルダム寺院で買ったもの

アクシェルダム寺院を建てた王様を讃えたDVDは完全なノリ。ヒンズー教についての教本は「なんでカースト制があるの?」みたいなQ&Aが面白そうだったので購入。
 
Dvd50ルピー(86円)
本120ルピー(208円) 
お香の値段は忘れちゃった。いろんな香りが売ってました (O_O)

興味本位で買いがちなお薬系でふ。痛みに効く塗り薬らしい。
43ルピー(74円)


○ミッタルティー

手前の3つはコンノートプレイスにあるミッタルティーズで購入した紅茶。
左の金色はダージリンで500ルピーくらい、真ん中はアッサム。右の青は80か90だったと思います。

奥のミッタルティーはスーパーに売っていたもの。パッケージが紙なので安っぽいですが、ティーバックなので使い勝手が良いのと、これでもかってくらい詰まっています。 

○スーパーで買ったもの


これはデリーのスーパーで購入したバラマキ用。
手前左から、サンダルウッドの石鹸、カレーの後に食べるお口直しのやつ、ヘアオイル、ローズウォーター。奥にあるのはインドスナック。左奥のMOONG DALは西荻窪のオーケストラというカレー屋さんで、サラダの上にパラパラかけているもの。サラダと合うので買って帰った。 


帰国後、こんな風に食べてます。

 

こちらはチェンナイの寺院付近のスーパーで購入したもの。
カップはクオリティがやばすぎて逆に可愛い。シャワーキャップはなんで買ったのか分からない。下敷きは友人に。ネタだったのになぜかよろこんでもらえました(O_O)
 
コップ50ルピー(86円 )
シャワー15ルピー(26円)
下敷き5ルピー(8円 )



これはTナガーのパナガルパーク周辺のスーパーで購入。
殺菌作用で有名なニームの歯磨き粉とバラマキ用のラーメン。友人はまずそう!って喜んでいました笑。





同じスーパーで購入したハチミツ。
インドはハニーも有名です。日本より安価で買えるので嬉しい。しかし帰国後キャップの隙間から漏れていました。ビニール袋に入れていてよかった!


○チェンナイの寺院で買ったもの


エリオットビート周辺お寺院前で売られていたもの。
神様の下敷きと、見えづらいですが、ガネーシャの小さなお守りです。
値段は忘れました。

お釣りを貸したくなかったのか、しきりに別の商品も買わせようとしてきましたw


○TARABOOKS(タラブックス)で購入したもの


タラブックで購入した美しい絵本たち。
奥は日本語訳もあり「水の生きもの」という名前で売られています。手刷りの美しい絵本。これは絶対買おうと決めていました。

手前左は魚の書き方の本。右手前はDO!というタイトルがインパクトあり購入。
この二つは普通のプリントものの絵本なので安価でした。



左は絵本、カエルとヘビが表紙のものはノート、右はポストカードです。
世界一美しい本で知られる「夜の木」の版画を利用したポストカードは思わず手にとってしまう美しさ。



布のショップバック。本は重いからかな。
合計で2008ルピー(3486円)

「水の生き物」だけでも、日本盤が4104円なことを考えるとだいぶお得なことがわかると思います。

以上、購入したものたちでした。 
インドの旅行記はこれにて終了(O_O)
明日からは通常のグルメ日記に戻りまーす。しばらくしたら福岡旅行記書きます!

2017年8月インド旅行【エアインディア ビジネスクラス搭乗記】デリー→成田

エアインディアのビジネスクラスを紹介します。 私が搭乗したのはデリー➡︎成田の直行便になります。

評判があまり良くないのも気になり、興味本意でエアインディアのビジネスクラスを予約。マイル利用なので、賢明なみなさんはANAにするのだろうな。



座席はなんとなく高級感のあるゴールド 。横幅は十分 です。ANAのように独立したシートではなく、隣の人と隣接しています 。



足は届かない距離 です。
スリッパ、靴下とアメニティが置いてあります 。



ANAではポーチもらえなかったので嬉しい。


中身を紹介。サンダルウッドのソープからシャンプーなど一通り入ってます。なぜか木のパズルも入ってます。

ポーチの内側はマハラジャくん柄。マハラジャくん好きとしては嬉しい(o^^o)



ターメリック色の靴下 。機内は寒いから寝るときは欲しいよね。



さて、ウェルカムドリンク。
往路の反省を生かしソフトドリンク を注文。ライムジュースにしたら変な草が入ってました(T-T)



離陸後には早速夕食が出ます。メインを選べるのですが、違いが全く分からないので適当に頼みます。 

ちなみに隣の人は夕飯をパスしていました。機内食のマズさを知っていたのでしょうか。彼は代わりにナッツを何袋ももらっていました 。



とりあえずのアーモンド支給 。



前方のおばあさんと席を交換したので、座席が変わりました。

最前列は座席の間からにょきっと画面が出る仕組みですが、硬すぎて一人では出し入れできません。

ブラッドマリーを頼んだら塩分強すぎて辛かったよ。



着た、機内食。これエコノミー以外なのでは?(T-T)

硬くて美味しくないパンと、野菜くささから意識を逸らしながら食べるメイン。ダルスープは味付けよくないし、左奥のものは訳がわからなかった。いやー、久しぶりにこんなに残念な機内食食べたな(T-T)



お口直しにフルーツ頼んだらこれだよ。
ナイフを渡されたけど、キウイ硬くて、なかなか切れないし、食べるの大変だった。手がベトベト。 
ぶどうは普通。

インド映画を堪能し、そろそろ眠くなってきました…


シートがフルフラットになる点は素晴らしい。 しっかりと足を伸ばし、配布されたアイマスクを装着して、おやすみなさい…

ぐっすり寝ていたら・・・足を蹴られて目がさめる !

そうなんです、フルフラットになる分、窓際の人がトイレに行く時、私を跨がなくてはいけないのです。せっかくのフルフラットなのに何だか残念だよ (T-T)

蹴られたタイミングが朝っぽかったのでもう起きることにした。


モーニングドリンクかな 。
私のパターン的にりんごジュースだろうな。隣の席の人はしきりに暖かいもの欲しがってたな。



朝ごはんは洋食でした 。
パンばっかりw



希望者に配布があったパジャマ。着替えるタイミング分からなかった。
マハラジャくんが可愛い。



機内で配られた水がやばかった。最初から飲むところひん曲がってる。開けたら水が吹き出してきました。

あー、エアインディアおもしろかったー!またマイル貯まったらビジネスクラスに乗ろう!たまに変なエア挑戦しよう!

次回はインドのお土産を紹介します(o^^o)

2017インド旅行8日目【デリー空港ラウンジ】エアインディア&プライオリティパス利用

デリーにあるインディラガンディー国際空港のラウンジを紹介します。

今回はエアインディアのビジネスクラスを利用したため、航空会社のラウンジと、プライオリティパスを利用したラウンジ2箇所を回りました。

まずはエアインディアのラウンジ から紹介します(o^^o)


エアインディアラウンジ



チェックインの際に地図を渡されたと思います。免税店エリアを抜けて、左奥の方、1つ上の階にいろんなラウンジが3つまとまっていました。
エアインディアのキャラクター、マハラジャくんが出迎えてくれます。



ホットミールも充実しています。
それより、背後にある世界の民族衣裳を着たマハラジャくんがかわいい 。



世界のマハラジャくん 。



パンやクッキーなど小麦粉系のコーナー。



エアインディアの機内にビジネスクラスの座席が少ないせいか、全然人がいません。快適でしかない。



カップもロゴ入りで素敵ですね 。



紅茶とクッキーとマフィン 。マフィンは血迷ったのか緑色の粒が入った毒々しいやつを選びましたが、普通に食べられましま。

ここのラウンジが1番ゆったりできるので最後にすべし(o^^o)



続きまして、プライオリティパスを利用したラウンジへ。

インディラガンディー空港内には、プライオリティパスで利用できるラウンジは3つあります。

1.PLAZA PREMIUM LOUNGE(LoungeB  :F)

2.PLAZA PREMIUM LOUNGE(LoungeA : F)

3.ITC Hotels Green Lounge

2と3は横に並んで存在しており、エアインディアラウンジの奥にあります。
今回は、誰かのブログにオススメされていた3のラウンジを訪問しました。
まあ、PLAZAPREMIUMは、国内線で散々行ったしね。
 
 


ITC Hotels Green Lounge



エントランスは撮るの忘れちゃった。
ドリンクやフードは一通り置いてあります。サモサなどは温めてありました。



店内はそこまで広くはありません。
座席は多めに設置されていますが、エアインディアのラウンジと比較すると人が多めです。



ダルスープとコロッケと野菜。
それだけ?という中途半端な量でごめんなさい。

エアインディアの機内食が残念なことを知っていたらカレーも食べていたな…もったいないことをしました(T-T)
 
次回はエアインディアのビジネスクラスを紹介します。

2017インド旅行8日目【チェンナイ】チェンナイ空港ラウンジ

南インドの寺院、世界一美しい絵本「タラブックス」などを堪能し、ついに日本に帰るときがやってきました。最後の最後に飲みたいと言ったら・・・チャイですよね(o^^o)



ホテルの周辺にある、地元の人が集うチャイ屋さんへ。



やはり南インドのチャイは後からミルクを混ぜるスタイル。
カップは小さめ。8ルピー 。
8ルピー=13円(2017.9月現在)



さ、ホテルをチェックアウトします。
空港まで送迎を頼んだところ、1634.98ルピーとのこと。
尋常じゃないお値段。よくわからないTAXもたくさん引かれている。
1634.98ルピー=2838円(2017.9月現在)

ちなみにローカルタクシーを呼んだ場合は500ルピー、ウーバーだと200ルピーとのこと。
外の機関はちゃんと着くのか保証しないみたいなこと言っていたので、ここは遅れたら困るからホテルの送迎にしました。
500ルピー=868円(2017.9月現在)
200ルピー=347円(2017.9月現在)

ちなみに朝食ビュッフェは有料だったみたいで1299.97ルピーかかっています。
謎なのが124.1ルピー2つ。これはまさか紅茶なのか。ドリンクがビュッフェに含まれていないとは…78ルピー1つは、思い当たるものとしては…ジャムか。テーブルに未開封のジャムがあったので使用した。恐ろしいビュッフェでした。
1299.97ルピー=2257円(2017.9月現在)


ホテルの送迎車で予定通り空港に到着。国内線でデリーに向かいます。



チェンナイ空港国内線でプライオリティパスが使えるのはここ。
Travel clubというラウンジです。

出発エリア3Fのgate5付近にあるエレベーターに乗り、フロアの奥の方にあります。

ちなみにプライオリティパスを持っていない方へ。ラウンジ内にトイレがないため、フロア内の共同トイレを使用することになります。よって、フロアのトイレはVIP使用なのか、他のフロアよりキレイ!トイレだけ利用するのもありかも!



ラウンジ紹介に戻ります。
小さなラウンジですが、人も少なく快適です。



ゲートを見ながらのんびりできます。



フードエリアもあります。



珈琲やクッキー。



ケーキもあります。



ダルスープ(豆スープ)と、フレンチトーストらしきもの、おからのようなもの、クッキー、ケーキをチョイス。朝ごはん食べてなかったんだ。



チャイ飲んでいる人がいる!と思って店員に聞いたところ、なんと珈琲でした!

南インドではチャイより珈琲が主流と聞いていたのに、珈琲スタンドを見つけられなくて、もう飲めないんだと諦めていました。こんなところで出会えて感動。

これは伝統的なインド珈琲で、下のお皿に珈琲を移し替えて、空気を入れることで冷まして飲むもの。わざわざ珈琲入れるところも見せてくれて、「この豆良い匂いだろう」みたいなこと言っていたけど、全く違いが分からなかった。ごめんね(o^^o)

その人から「君の国でおはようは何て言うの?」って聞かれて、「おはよう」と教えたら微妙な顔をされた。どうやら中国語の「おはよう」を教えて欲しかったようだ。「ニイハオ」と伝えたら喜んでいた。私は日本人です。中国人に見えますが、日本人です。



はい、さよならチェンナイ。
次は、デリーのラウンジ攻めです。 

2017インド旅行7日目【チェンナイ】アーユルヴェーダ体験

念願のタラブックスではしゃいだあとは、ホテルに荷物を置いたのち、T.ナガー方面に出発。



南インドの寺院はこれでもかってくらい堪能。 



Tナガーエリアはいつも賑わっています。
ホテルから乗ったトゥクトゥクが最悪で、「エリアの中心にあるパナガルパークで降ろして」と伝えたのに、しきりに宝石やサリーの話をしてきます。お店に連れて行こうとするのがミエミエ。
強い心で「NO SHOP!!!!」と主張していると、パナガルパーク手前の路上で降ろされました。

個人的な見解では、怪しいトゥクトゥクは、道の途中に車を止めて、「スリに気をつけろ、出店では買うな」と親切なふりをしてきます。そしてそのあと、お店に連れて行こうとしたり、道案内やチャーターを申し出ます。まあ、それに乗っかるのもありですが。



左はマリア様、右はシヴァ神あたりかな。
あらゆる神様が共存する世界。素晴らしい。


テクテク歩いて到着。

ここでアーユルヴェーダを受けようという作戦です。



スパメインの施設ではなく、本格的なホスピタルです。 

ダメ元で予約なしで突入。受付のお姉さんに「アーユルヴェーダ受けたいんですけどー」と伝えると、「Drと直接話をして」と電話を渡されました。いきなりの展開にマゴマゴしつつ、「アレルギーがあってー、体をチェックしてください」と拙い英語で伝える。

事前に「診察」という英語を調べていなかったことを後悔しました。 



40分後に施術可能という話をいただく。値段は1人1000ルピーで2名のセラピストがつくとのこと。 
1000ルピー=1736円(2017.9月現在) 

きっかり40分後に名前を呼ばれて、個室に入ります。

部屋に入って気づく。診察は??? 
診察して、自分の体にあったオイルを調合して、マッサージしてくれたり、お薬を処方してくれるんじゃないの…

ちゃんと診察って言わなかったしな、
まあ、いっか。



衣服を脱ぎ、紙のふんどしを履きます。
木のベッドに寝かされ、頭の先から足の先までオイルマッサージを受けます。

感動したのは、セラピスト二人の手の動きがシンクロしていること。
左右から同時に同じ動きでマッサージされます。同じ動きをすることでリンパの流れが均等に良くなるのではないかと憶測します。

なんとなくエヴァのダブルエントリーシステムを思い浮かべ、ニヤニヤしながら施術を受け、気持ち良くて寝ました。

施術終了後は、個室に付いているシャワールームにて髪の毛から体まで洗ってくれます。私の場合は過保護に洗ってくれましたが、連れは自分で洗えと言われたそうです。

体を拭いたタオルと使用した石鹸はお土産でもらえます。 ドライヤーがないので、タオルは助かった。

さて、夕飯の時間だ。

Absolute Barbecue



近くで評価の高いお店に。
ブラジルを意識しているらしいです。

ここのお店は地元の人で賑わっていました。流行りのお店って感じがします。
客層は若めで大学のサークルとか、カップルが中心なのかな。 



串焼きBBQがビュッフェで楽しめるお店です。日本でいうシェラスコみたいなイメージ。 

ベジとノンベジで料金は異なります。もちろんノンベジの方が選択できる食べ物が多い。



お肉や野菜、チーズ、パイナップルの串を持ってきてくれます。



さすがインド。どれもほんのりカレー色。スパイシーです。



ビュッフェは尋常じゃなく充実。
サラダもあります。



カレーもあります。
ノンベジとベジに分かれているので注意。



あまり美しくない写真で申し訳ない。

右の鳥スープは、優しいお味でとても美味しかった。 左手前の蟹カレーも濃厚で蟹の風味がしっかりと滲み出ていた。



ここのカレーは本当に美味しかった。
南インドのカレーではなく、北インドのカレーですね。



デザートも充実。
日本人が珍しいのかめちゃめちゃ絡まれました。 何かを取りに行こうとすると、過保護にスタッフ一人が付き添ってくれます。
デザートも付き添いありで、色々盛り付けてくれました。



感動したのはコールドストーンアイスがあること。 

本格的に凍った石の上でコンコンしてくれます。 トッピングも選べたので、チョコアイスにチョコチップとクッキーをチョイス。



めちゃめちゃ美味しかった。
濃厚で高級なアイスのお味。 

ビュフェ料金はノンベジで700ルピーほどだったと思う。 とてもお得だ。
700ルピー=1215円(2017.9月現在)

最後のディナーを終え、明日は日本に帰ります。 
記事検索